修理が必要になる雨漏りって何が原因なの?

気付けば天井に雨染みがあって雨漏りが心配になってきた、と慌てて雨漏りの応急処置に追われたというご家庭も多いのではないでしょうか。最終的には専門家による修理が必要になりますが、そもそも雨漏りの原因にはどんなものがあるのでしょうか。応急処置だけでも十分に対応できるものもあるようです。

例えばよくあるのが雨どいのつまりです。雨どいに落ち葉などのゴミが詰まっていることが原因となって、そこから溢れてしまった雨水が雨漏りを発生させてしまうことがあります。この場合は雨どいのゴミを排除することで雨漏り対策ができるので、自分でもできたという場合が多いようです。

専門家による修理が必要なケースとなると、コロニアルや瓦の下にある防水シートが古くなってしまったことで雨漏りが発生する場合があります。一般的に言われているのは15年ぐらいで老化が始まってしまうので、それ以前に防水シートを新しいものに変える必要があります。雨漏りが発生する前に、早めにシートの交換を業者に依頼するといいでしょう。

二階部分のベランダから雨漏りが発生することもあります。特にベランダに植木鉢などを置いてこまめに水を与えていることによって防水効果が徐々に減ってしまいます。5年ぐらいを目処に防水コーティングを行うといいでしょう。

Leave a Comment

Filed under ハウス

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>